FC2ブログ

熊本城

2020年09月25日 (金)

小国で休養中で昨日は草刈りを終えたので、今日は熊本城までドライブすることに。

☆ 09月21日 (月) 


2016年4月に起こった「熊本地震」により、甚大な被害を受けた熊本城。あれから復旧作業が続いています。

熊本城は大天守の内装工事がほぼ終了し、来年春から天守閣をフルオープンする『特別公開第3弾』が予定されています。
20200921_04.jpg

2020年6月からは、地上約6mの高さを通る「特別見学通路」が完成し、「特別公開第2弾」がスタートし、
(写真はHPより拝借)
20200921_40.jpg 20200921_41.jpg

これまでとは違う、復旧期間中にしか見られない、熊本城の姿が観覧可能です。
20200921_01.jpg

20200921_31.jpg 20200921_02.png 20200921_03.jpg

熊本城二の丸駐車場に駐車。
桜の馬場城彩苑で昼食を食し、南口から熊本城の散策。
数寄屋丸二階御広間。
20200921_05.jpg

下部の石垣が一部崩落しています。

本丸御殿の石垣と奥に大天守。
20200921_06.jpg

石垣が崩落したままの状況を、特別見学通路から。
20200921_08.jpg

本丸御殿(闇り通路)。
20200921_10.jpg 20200921_11.jpg

本丸御殿は2つの石垣を跨(また)ぐように建っているため、地下通路を有する特異な構造となっています。その地下通路は昼間でも暗いことから、闇り通路と呼ばれています。(HPより)

闇り通路をぬけると、大(左)・小(右)天守閣。
20200921_23.jpg

20200921_12.jpg 20200921_13.jpg 20200921_14.jpg

次は加藤神社へ行く途中の宇土櫓。続櫓は地震で倒壊。
20200921_15.jpg 20200921_16.jpg 

熊本城内に残る唯一の多層櫓で、外観は三層、内部は五階に地下を備えている。古くから小西行長の宇土城天守を移築したものと伝えられ、宇土櫓の呼び名の起りとされた。しかし、解体修理の調査などから、熊本城内で創建された櫓であることが明らかとなった。(HPより) 

加藤神社からの大小、天守閣。
20200921_22.jpg

ここから二の丸広場へ行く途中の戌亥櫓。
20200921_18.jpg

櫓の崩壊を一本足で支えているように見える戌亥櫓。

二の丸広場からの大小、天守閣と宇土櫓。
20200921_20.jpg

地震の翌年の2017年以来の熊本城。少しづつながら復旧作業が進んでいました。
来年は天守閣がオープン予定なので楽しみです。







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

FC2ブログ


カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
ブログランキング
ランキングに参加中です。 にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
RSSリンクの表示
検索フォーム