FC2ブログ

宮崎プチ旅

2020年03月01日 (日)

福岡ソフトバンクホークスの春季キャンプや、宮崎ツーデーマーチに参加する計画を予定してのですが、義母が転倒し足の股関節骨折で入院、手術で行かれず。
症状も一息ついたし義姉も来てくれていたので、ちょっと宮崎方面へ2泊3日の車中泊の旅へ。

☆ 02月24日 (月) 

9時頃出発。
東九州自動車道など通り宮崎方面へ。

途中の道の駅 北浦のレストランで贅沢な昼食タイム。海の方は海水浴場になっていた。
20200224_01.jpg 20200224_02.jpg 20200224_03.jpg

15時過ぎにサンメッセ日南に到着。
宮崎方面には度々訪れているが、サンメッセ日南のモアイ像はいつもスルーしてたのでやっと訪れてました。
20200224_202.jpg

20200224_20.jpg

最初に太陽の丘にある蝶の地上絵。
20200224_071.jpg

20200224_06.jpg 20200224_08.jpg 20200224_09.jpg

「海を見るヴォワイアン」という像ですが、
20200224_203.jpg

中国人らしき人達が像の間に座って写真を撮っていたのでネットから写真を拝借。

見たかったモアイ像。
20200224_13.jpg

20200224_16.jpg

20200224_11.jpg 20200224_12.jpg 20200224_17.jpg

そしてこのモアイ像は、世界で唯一、イースター島の長老会に許可を得て復刻されたものなのだそうです。

ちなみにモアイの『モ』は未来、『アイ』は生きるという意味があり、モアイとはつまり『未来に生きる』という意味なのだそうです。
20200224_10.jpg

サンメッセ日南に並ぶ7体のモアイは、いろいろな運気を上昇させるパワーを持っています。
海に向かって左側から順に(1)仕事運(2)健康運(3)恋愛運(4)全体運(夢叶う)(5)結婚運(6)金運(7)学力運で、特に左から3番目の恋愛運と右から2番目の金運のモアイが人気だとか。

夕方も遅くなったので、この付近に来た時の定宿へ、温泉が併設されてる道の駅 ゆ~ぱるのじりへ。
到着がちょっと遅くなったので急いで併設の温泉で汗を流し晩酌タイムです。
20200224_18.jpg 20200224_19.jpg


本日の宿泊地 道の駅 ゆ~ぱるのじり です。
立寄り湯は ゆ~ぱるのじり です。
 
( 走行距離 448.6 ㎞  給油  ℓ )



☆ 02月25(火)  

ホークスの春季キャンプは昨日で終了で、リハビリ組など大分福岡に戻った選手もいるが、ロッテマリーンズとの練習試合がキャンプ地のアイビースタジアムであるので見学に(勿論無料)。

さすがにキャンプが終わってるので人数は少なめで選手の練習もあまり行われていません。
13時からのロッテとの試合が近づくといくらか増えて来ました。
20200225_01.jpg 20200225_02.jpg 20200225_03.jpg

サブ球場ではキャッチャーの練習。
甲斐選手(左)と高谷選手(右)。
20200225_16.jpg 20200225_15.jpg

その他、選手のスナップ。
左から、内川・牧原・岩崎選手。
20200225_06.jpg 20200225_05.jpg 20200225_07.jpg

左から、嘉弥真・東浜・森選手。
20200225_08.jpg 20200225_10.jpg 20200225_13.jpg

高橋(純)選手。
20200225_14.jpg  

試合時間も近づいたので球場へ。
(左)先発の和田選手、(中)育成選手のリチャードとFAで移籍してきたバレンティン選手、(右)ロッテにFAで移籍した福田選手。
20200225_21.jpg 20200225_18.jpg 20200225_17.jpg

試合前の練習と、
20200225_19.jpg

先発メンバー。
20200225_20.jpg

スタンドの様子。
20200225_24.jpg 20200225_26.jpg 20200225_25.jpg

両チーム共、中々点が取れなかったが、ワンチャンスを生かしたホークスの勝利です。
20200225_27.jpg

今日はここだけの予定だったので、明日の為に延岡方面へ移動です。
ここも何回か利用した道の駅 日向へ。併設の温泉で汗を流して晩酌タイム。
20200225_29.jpg 20200225_30.jpg


本日の宿泊地 道の駅 日向 です。
立寄り湯は 日向サンパーク温泉 です。
 
( 走行距離 100.2 ㎞  給油  ℓ )



☆ 02月26(水)   

朝ゆっくり出発し延岡城跡へ。
20200226_01.jpg 20200226_021.jpg20200226_02.jpg

江戸時代に高橋元種によって築かれた平山城で当初は縣城と呼ばれたが、後に延岡城へ改称されたそうで、現在は城山公園となってます。

三の丸跡地の方から上って、三階櫓へ。
20200226_03.jpg 20200226_031.jpg 20200226_05.jpg

20200226_06.jpg

三階櫓は、関東周辺譜代大名を中心に造られた「天守代用三階櫓」と同様、延岡城の天守とみなされた本城を代表する建築物で、1階部分は東西5間、南北6間の広さ、高さは土台下から7間5尺9寸あり、城内で最も大きな建物で、天和3年(一説によると天和2年)に焼失したとされています。(HPより)

天守台跡へ。
20200226_07.jpg 20200226_08.jpg

城山の鐘があります。
20200226_10.jpg

明治11年から鐘守により現在も続く時報鐘として1日6回(6時・8時・10時・12時・15時・17時)、鐘守の手によって市民に時を知らせているようです。

天守台を下りて二階門跡へ。
20200226_14.jpg

二階門(櫓門)は、千人殺しの石垣西側の長坂門から本丸までの経路を護る「内枡形門」で、二階部分が櫓、下部が開閉式の門になって、門の大きさは南北3間、東西8間半あり、城内では三階櫓に次ぐ規模の建物でした。(HPより)

見どころは二ノ丸前にそびえ立つ「千人殺しの石垣」です。
20200226_17.jpg 20200226_16.jpg 20200226_19.jpg

20200226_18.jpg

石垣は法長約22m、高さ約19mあり、一番下の根石を外すと石垣全体が一度に崩れ、「千人の敵兵を殲滅する」と言われ、通称「千人殺しの石垣」と呼ばれています。(HPより)

平成5年に復元された北大手門。
20200226_22.jpg

そろそろお昼時。地元で食べている辛麺が延岡が本場なので食することに。
20200226_47.jpg 20200226_48.jpg 20200226_49.jpg

こちらで食べてる辛麺より塩気が少なく、とても美味しくいただきました。

もう一か所、西郷隆盛宿陣跡資料館へ。
20200226_24.jpg 20200226_25.jpg 20200226_27.jpg

「和田越の決戦」に大敗北を喫した西郷隆盛軍が、北川に逃れた際に立ち寄ったゆかりの家です。現在は、資料館として整備され、隆盛愛用の遺品や戦争資料が展示されています。

資料館の中の様子。
20200226_29.jpg 20200226_30.jpg 20200226_33.jpg 

20200226_35.jpg 20200226_34.jpg 20200226_36.jpg

銃や刀のレプリカを展示してましたが、刀はかなり重たかったですね。
20200226_31.jpg 20200226_32.jpg

20200226_28.jpg

1877(明治10)年の西南戦争で、西郷軍は征討軍(政府軍)に最後の決戦を挑み敗れる。西郷は軍の解散を決意し、陸軍大将の軍服をその場で焼いたという。西郷たちはその後、近くの可愛岳(えのだけ)を突破し、九州山地を踏破して鹿児島に戻っていった。(HPより)

後は下道を通って帰宅。2泊3日の宮崎車中泊の旅でした。


( 走行距離 265.2 ㎞  給油  ℓ )
( 総 走行距離 814.0 ㎞  給油  ℓ )







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

FC2ブログ


野母崎 水仙

2020年01月19日 (日)

今年の初車中泊は、昨年と同様に長崎の野母崎の水仙まつりに。

☆ 01月12(日) 

10時頃出発。
飯塚・鳥栖・神埼・鹿島・嬉野など通り下道をのんびりと。

途中に嬉野温泉の立ち寄り湯、うれしの源泉 百年の湯で入浴です。
20200112_02.jpg 20200112_03.jpg

野母崎付近には道の駅等がないので、
今日のお宿はここからすぐの東彼杵の道の駅 彼杵の荘です。
20200112_04.jpg

20200112_05.jpg

ここには昨年も世話になりました。

時間的に早く到着したので、
道の駅で食料が調達でき久し振りに夕食のアップ。勿論二人分です。
20200112_06.jpg


本日の宿泊地 道の駅 彼杵の荘 です。
立寄り湯は うれしの源泉 百年の湯 です。
 
( 走行距離 167.6 ㎞  給油  ℓ )



☆ 01月13(月)  

朝、道の駅オープンと同時店へ。
ミカンが安かったのでゲット。
20200113_18.jpg

横にこんな看板が・・・となると買わなくては。
20200112_07.jpg 20200112_08.jpg

とても美味しくいただきました。

今回の目的の、ここから70km程先の野母崎の水仙まつりへ出発。
20200112_01.jpg

ネットで調べると丁度見頃になっていましたが、
メインの北側展望所・東斜面では、若干ピーク過ぎ。
北側展望所以外では、例年よりやや寂しい咲き具合で残念です。

野母崎水仙公園の説明です。
20200113_01.jpg 20200113_02.jpg 20200113_03.jpg

20200113_05.jpg

20200113_06.jpg

20200113_04.jpg

20200113_08.jpg 20200113_09.jpg 20200113_10.jpg

花のアップも。
20200113_11.jpg 20200113_12.jpg 20200113_13.jpg

野母崎といえば軍艦島です。
水仙の花を前ボケでと思っていましたが、東展望台付近は寂しい開花で残念です。
それでも何枚か。
20200113_14.jpg

20200113_15.jpg

20200113_17.jpg 20200113_19.jpg 

昨年に比べ、イマイチ寂しい咲き方でした。
また次に訪れた時に期待しましょう。

会場を後に、3回目になる途中のひぜん祐徳温泉 宝の湯でまったりとし、
この付近に来た時の定宿、道の駅 鹿島へ。
20200113_22.jpg

コンビニと道の駅で仕入れた今日の夕食(二人分)。
20200113_23.jpg


本日の宿泊地 道の駅 鹿島 です。
立寄り湯は ひぜん祐徳温泉 宝の湯 です。
 
( 走行距離 195.9 ㎞  給油  ℓ )



☆ 01月14(火) 時々🌂

朝起きると駐車場代わりにしている近所の車はあるが、車中泊の車は私達だけでした。
後は、道の駅で海鮮物や野菜を仕入れ小国へ。

( 走行距離 152.5 ㎞  給油  ℓ )



☆ 01月17(金)  

冬場なので周りの人は誰も来ていません。

久し振りに馬刺しを食べたり、近くの貸し切り温泉へ行ったり。
この温泉には温泉の蒸気で食材を蒸す「地獄蒸し」があり、肉や野菜を蒸して帰り夕食です。
20200117_03.jpg 20200117_02.jpg 20200117_01.jpg
(※ 写真はネットから拝借です)

ということで、今回は何もすることなくのんびりと。
灯油や食料を仕入れに下界(?)に下りたりするだけ。

しばらくゆっくり過ごし帰宅です。

( 走行距離 221.6 ㎞  給油  ℓ )
(総 走行距離 737.6 ㎞  給油  ℓ )







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

FC2ブログ


島根・広島・山口 ③

2019年12月07日 (土)

-----島根・広島・山口 ②より-----

無料の松江自動車道と、中国やまなみ街道を利用し広島県三原市の佛通寺へ。

一方通行の道を案内通り進み到着。
多くの車と観光客ですが、運よく駐車場にすぐ停められました。

佛通寺の見取図と説明です。
20191124_55.jpg 20191124_56.jpg

佛通寺は応永4(1397)年、沼田高山城主の小早川春平が、名僧愚中周及佛徳大通禅師を迎えて開いた日本屈指の参禅道場として知られる臨済宗佛通寺派の大本山です。(HPより)

まず参道の紅葉です。
20191124_30_1.jpg

20191124_32_1.jpg

20191124_31_1.jpg

20191124_36_1.jpg

20191124_33_1.jpg 20191124_34_1.jpg 20191124_35_1.jpg

開山堂と地蔵堂へ石段を上って、
20191124_37.jpg

到着です。
20191124_45.jpg

地蔵堂(左)、開山堂(右)です。
20191124_44_1.jpg 20191124_43_1.jpg

側には多宝塔が。
20191124_41.jpg

多宝塔から見る佛通寺です。
20191124_59.jpg

石段を下って佛通寺川沿いの紅葉を。
20191124_51_1.jpg

(左)寺の山門をくぐって境内に。(右)境内から巨蟒橋を。
20191124_57.jpg 20191124_58.jpg

境内から見える多宝塔。
20191124_47.jpg 20191124_46.jpg

寺内からの紅葉。
20191124_48.jpg

目の保養をし今日の宿探し・・・どこへ行こうか。
北広島町の、道の駅 豊平どんぐり村へ行くことに。
ここは以前一度お世話になった道の駅で、温泉が併設されているので夕方遅くなったので助かりました。

併設の龍頭温泉に入浴し途中で仕入れた食材で晩酌です。


本日の宿泊地 道の駅 豊平どんぐり村 です。
立寄り湯は 龍頭温泉 です。
 
( 走行距離 287.7 ㎞  給油 30.0 ℓ )




☆ 11月25日(月) 時々🌂 

朝起きると、お泊まりの車はは3台だけでした。
20191125_01.jpg

今日は山陰の海岸線を通り、道の駅で野菜等仕入れながら帰宅の途です。
昼食は、道の駅 萩しーまーとで。

何回も萩を訪れているが、萩城跡に入城したことないので、せっかくなので行くことに。
20191125_02.jpg

萩城は毛利輝元が関ヶ原の戦いで敗れた後、慶長9年(1604)に築城されました。
指月山の山麓にあることから別名指月城とも名付けられたそうです。

天守台 〔左端〕 と指月山です。
20191125_03.jpg

かつては高さ14.5メートルの5層の天守閣がありましたが、明治7年(1874)に廃城令のため建物が全て解体され、現在は「天守閣跡」として、石垣のみが存在します。
20191125_04.jpg 20191125_05.jpg 20191125_06.jpg

天守閣跡の後ろには、国の天然記念物に指定された「指月山」も眺めることができる。

花江茶亭です。
20191125_10.jpg 20191125_11.jpg

藩主毛利敬親の別邸にあった茶室を明治20年に移築したもで、幕末の頃、毛利敬親は家臣とともに、ここで国事の密議を行っていたそうです。

石造りの鳥居が見え、奥へ進むと大きな狛犬が、そのさらに奥に「志都岐山神社」があります。

20191125_12.jpg 20191125_13.jpg

志都岐山神社には、毛利元就、隆元、輝元、敬親、元徳を5柱として初代から12代の歴代藩主が祀られているようです。

萩城には白い石が石垣としてたくさん使われています。
20191125_16.jpg

20191125_15.jpg

20191125_14.jpg 20191125_17.jpg 20191125_08.jpg

約1億年前の火山によってできた崗岩という種類の石を使用していて、硬くて風化に強い性質があるそうです。

入口には毛利輝元公像が。
20191125_18.jpg 20191125_19.jpg 20191125_20.jpg

毛利輝元は、戦国時代後期から江戸時代初期に活躍した中国地方を代表する大名です。輝元は中国地方8ヶ国120万石所有する大名に成長し、1589年には広島城を築城しました。1600年の関ヶ原の戦いで西軍の総大将でしたが、戦いに敗れた後萩に移り、萩城を築城したそうです。

平日でもありますが、寂しいながらここにはほとんど観光客が見られませんでした。

後はゆっくりと帰宅です。
久し振りの短期の車中泊の旅でした。夜もそんなに寒くなく、FFヒーターも若干入れた程度です。

今年はもう車中泊の予定もなく楽しみは来年に。


( 走行距離 303.2 ㎞  給油  ℓ )
(総走行距離 1,120.4 ㎞)
 






ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

FC2ブログ


島根・広島・山口 ②

2019年12月04日 (水)

-----島根・広島・山口 ①より-----

☆ 11月24(日) 

2日間連泊した、道の駅 湯の川の夜明けです。
20191124_006.jpg 20191124_001.jpg 20191124_005.jpg
 
今日は広島県の三原方面にも行くので道の駅を早く出発し、昨日行きそびれた鰐淵寺へ。
20191124_02.jpg 20191124_01.jpg 20191124_03.jpg

6世紀の終わり、智春上人が推古天皇の眼病平癒を山内の浮浪滝で祈っていたとき、落とした仏器を鰐(ワニ)がくわえて淵から上がってきたことからこの寺の名が付いたと言われ、弁慶が「仁平元年(1151年)松江市に生まれ」、18歳から3年間ここ鰐淵寺にて修行をしたということです。その後京都の比叡山へと移り、源義経に出会ったと伝えられています。(HPより)

仁王門(写真を撮り忘れ)をくぐると本坊付近が紅葉です、がちょっと遅過ぎたかな~という感じ。
20191124_041.jpg

20191124_05.jpg 20191124_07.jpg 20191124_28.jpg

(上から撮った写真ですが)
ここから根本堂までは、武蔵坊弁慶が釣鐘をかついで上がったとされる長い階段が続きます。
20191124_08.jpg

もう少しで根本堂へ到着です。
20191124_081.jpg

上って来ました。
20191124_11.jpg

根本堂です。
20191124_13.jpg 20191124_12.jpg 20191124_14.jpg

武蔵坊弁慶がかついで上がったとされる釣鐘です。
20191124_15.jpg 20191124_16.jpg

その他の根本堂周辺の紅葉。黄色も綺麗でした。
20191124_19.jpg 20191124_20.jpg 20191124_17.jpg

20191124_18.jpg

本坊へ下りて、また石段を上って浮浪の滝へ。
20191124_21.jpg 20191124_26.jpg 20191124_23.jpg

鰐淵寺の名が付いたとされる伝説の舞台「浮浪の滝」は、今日は滝の水がほとんど流れてませんが、
20191124_22.jpg

落差約18m、滝が落ちる切り立った岩肌の岩窟に「蔵王堂」が作られており、滝の裏は岩窟になっており、滝壺の奥には蔵王堂がはめ込まれるように建っています。

弁慶もこの滝に打たれて修行したと伝えられています。

本坊へ戻ると30~40人位の団体さんです。
20191124_24.jpg

20191124_25.jpg

この人たちと、崖沿いの狭い山道をすれ違わなくて済んだと思うと安堵しました。

ここを出発し、無料の松江自動車道を通り、途中の道の駅 たかので昼食タイム。
その後、広島県三原市の佛通寺へと向かいます。

-----島根・広島・山口 ③へ続く-----







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

FC2ブログ


島根・広島・山口 ①

2019年12月01日 (日)

連休で天気も良さそうなので、
久し振りに車中泊の旅をと島根の足立美術館へ行くことに。
その後は、紅葉でも見ながらのんびりと旅を。

☆ 11月22(金) 

昼前から ”ピコ” に荷物を詰め込み出発。
行きは距離が長いので高速を利用することに。

九州自動車道 小倉東ICから中国自動車道へ。
途中の美東SAで昼食タイム。
三次東ICより無料の三刀屋ICまで松山自動車道を利用し、
二度ほど利用させてもらってます道の駅 湯の川へ。

すぐ近くのスーパーで食料を仕入れ、ここもまたすぐ近くの”ひかわ美人の湯”で入浴です。
湯から戻ると、連休なのでかなりのお泊り仲間さんが。


本日の宿泊地 道の駅 湯の川 です。
立寄り湯は ひかわ美人の湯 です。
 
( 走行距離 383.4 ㎞  給油  ℓ )




☆ 11月23日(土)  

朝食をすませ、足立美術館へ。

足立美術館は、横山大観をはじめとする近代日本画を中心に総数約1500点を所蔵しているほか、5万坪の日本庭園は、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」による庭園ランキングで、16年連続日本一に選ばれたそうです。
足立美術館は、事業家として成功した足立全康の「郷土に恩返しがしたい」という思いから、昭和45年に設立されました。日本画に深い思い入れを持つ足立全康は、まず日本庭園を通して四季の自然の美を感じてもらい、その感動をもって横山大観などの作品にふれることで、日本画の魅力を理解してもらいたいためだそうです。
(※ しまね観光ナビHPより)

朝早く訪れたのですが、もう観光バスなどで多くの観光客です。
館内もなかなか進まなく写真を撮るのも順番待ちや、
窓ガラス越しの写真が多いのでイマイチ冴えませんが・・・。😢

美術館入口と入館してすぐの、設立者足立全康の像。
20191123_01.jpg 20191123_02.jpg 

ここから望む苔庭。
20191123_04.jpg 20191123_03.jpg 20191123_10.jpg

先に進み説明無しですが、白砂青松庭や枯山水庭です。
20191123_07.jpg

20191123_14.jpg

20191123_15.jpg

20191123_05.jpg

20191123_12.jpg
 
20191123_08.jpg

額縁写真と池庭を。
20191123_18.jpg 20191123_16.jpg 20191123_17.jpg

写真撮影はガラス越しが殆どですし、
朝早かった為か、手前に建物の影が映りちょっと残念でしたが見ごたえのある庭園でした。

後は日本画など鑑賞し車に戻ると、駐車場はほぼ満車でした。

次は鰐淵寺へ紅葉見学にと出発。昼時なのでまず途中の出雲大社へ寄って腹ごしらえを。
出雲といへば蕎麦ですね。
蕎麦店を探すがどこも順番待ちの人の多さでしたが、何とか食事を終えて参拝へ。

出雲大社の正門とも言われてる二の鳥居、 
20191123_20.jpg
木製の鳥居が老朽化していたため、2018年10月に特別な鋼で建て替えられたようです。

ここからの参道は全国でも珍しい下り参道。
20191123_21.jpg

境内の入り口手前には、
20191123_22_1.jpg 20191123_22.jpg

右手には出雲大社の主祭神、大国主大神の「ムスビの御神像」、左手には「御慈愛の御神像」です。

拝殿前の四の鳥居は青銅製。
20191123_30.jpg

拝殿は、
20191123_24.jpg 20191123_24_1.jpg

戦後最大の木造神社建築といわれ高さは12.9mで、大社造りと切妻造の折衷様式だそうです。

御本殿は、
20191123_25.jpg 20191123_25_1.jpg

20191123_26.jpg

20191123_28.jpg 20191123_27.jpg

1952年に国宝に指定された建物。御本殿内は聖域のため、参拝客は入ることはできません。

神楽殿は本殿ではないのですが、
20191123_29.jpg

現在は御祈祷や結婚式をはじめ様々な行事が行われる神楽殿として使用されているようです。

正面の大注連縄は、
20191123_29_2.jpg

長さが約13メートル、重さは約4.5トンと言われていて、現在の注連縄は2018年7月にかけ替えられたばかりのものだそうです。

出雲大社を後、近くの鰐淵寺へ紅葉見学へと山道を車を走らせます。

寺の駐車場に近づくと10台ほどの車が連なって並んでいます。
16時近くなのにまだ駐車場が空かないのかな~と思ってたら、
駐車場整理の方が来られ、寺への入場は16時15分までですがどうしますかと。

駐車場から寺まで歩いて30分弱かかるというので翌日に来ることにし退散です。

時間も遅くなりそうなので、道の駅 湯の川に連泊することにし、
昨日と同様にスーパーで食料を仕入れ、温泉に浸かり寝床の道の駅へ。


本日の宿泊地 道の駅 湯の川 です。
立寄り湯は ひかわ美人の湯 です。
 
( 走行距離 146.1 ㎞  給油 28.0 ℓ )
 
-----島根・広島・山口 ②へ続く-----







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

FC2ブログ


カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブログランキング
ランキングに参加中です。 にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
RSSリンクの表示
検索フォーム