FC2ブログ

JR九州ウォーキング (新飯塚)

2018年02月25日 (日)

JR九州ウォーキングの福岡県の新飯塚のコースに参加しました。

◎ 第18回いいづか雛のまつりと麻生大浦荘の特別公開

☆ 02月24(土)   

このコースは出発がちょっと遅いので、朝7時45分に家を出発し新飯塚駅の駐車場へ。

受付に行くと、早々に多くのウォーカーさんです。
20180224_04.jpg 20180224_05.jpg

 コース詳細とコースマップです。
20180224_01.jpg 20180224_02.jpg

受付を済ませ新飯塚駅の東口から出発です。
20180224_06.jpg

まず、24日から特別公開の麻生大浦荘へ。
20180224_03.jpg

庭園から大浦荘を。
20180224_07.jpg

中に入ると座敷雛です。
20180224_08.jpg 20180224_09.jpg 20180224_10.jpg

次は先日行った嘉穂劇場と、
20180224_11.jpg 20180224_12.jpg

千鳥屋本店なのでスルーです。千鳥屋ではお菓子を購入。
20180224_13.jpg 20180224_14.jpg

後は飯塚の商店街のお雛様めぐりです。
20180224_18.jpg

20180224_15.jpg 20180224_16.jpg 20180224_17.jpg

20180224_21.jpg 20180224_22.jpg 20180224_23.jpg

今日は距離が短かったので何か物足りないウォーキングでした。







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓

にほんブログ村

FC2ブログ


JR九州ウォーキング (荒木)(鳥栖)

2018年02月19日 (月)

車中泊も兼ねて、JR九州ウォーキングの福岡県の荒木と佐賀県の鳥栖のコースに参加することにしました。

◎ 福岡最大!!「城島酒蔵びらき」満喫ウォーキング

☆ 02月17(土)   

朝6時30分に家を出発、荒木駅の駐車場へ。

コース詳細とコースマップです。
20180217_01.jpg 20180217_02.jpg

受付を済ませスタートです。
20180217_03.jpg

途中、ポッポ汽車が展示されていました。
20180217_04.jpg

かつて、久留米市街地から大善寺を経由して大川を結ぶ大川鉄道を走っていたドイツコッペル社製の蒸気機関車である。地域の人々からは、「ポッポ汽車」の愛称で親しまれていた。大川線は明治43年に「大川軽便鉄道」としてはじまり、昭和26年の営業休止までの間に「大川鉄道」「九州鉄道大川線」「西鉄大川線」と変遷を重ねた。当時は大川の木工品や城島の酒や瓦の運搬、つちや足袋や日本足袋の従業員が乗る客車として地域の大切な交通手段として親しまれ利用されていた。
(HPより拝借)

最初に訪れた萬年亀酒造。
20180217_05.jpg 20180217_06.jpg

私は運転手なので奥さんが試飲です。

次は画像がありませんが池亀酒造。
最後はウォーキングゴールの花の露酒造です。
20180217_07.jpg 20180217_08.jpg

ここも多くの人達でした。
お酒やゴールのスタンプをゲットし、酒蔵びらきメイン会場へ移動です。
20180217_09.jpg

20180217_10.jpg

久留米市の城島町は筑後川の豊かな水の恵みを受ける肥沃な筑紫平野のほぼド真ん中に位置し、その良い水と米作りに適した土地柄から「酒どころ城島」と呼ばれるほどお酒造りが盛んな町、また銘酒の産地としても有名とか。それを象徴する城島・三潴地区の酒蔵9社が合同で毎年開催している「城島酒蔵開き」では、城島インガットホール広場をメイン会場にたくさんの露店が建ち並び、「城島龍神太鼓」や「筑後の酒造り唄」など地域伝統の出し物が目白押しです!
(HPより拝借)

色々なお酒たちです。
20180217_19.jpg

会場は多くの人々です。
20180217_11.jpg 20180217_12.jpg

この出店で昼食を仕入れ食する。
20180217_13.jpg 20180217_14.jpg

勿論お酒は奥様です。

しばらくしてシャトルバスで荒木駅まで戻ります。
ウォーキング途中で今日の宿泊に丁度いい場所を見つけたのでここへ移動です。
20180217_16.jpg 20180217_15.jpg

ここは道の駅ではないのですが、道の駅と同じ様な店です。
丁度ポッポ汽車の前なので行きがけに見つけていた場所です。

ここで食料を仕入れ酒造で買ったお酒で晩酌です。
20180217_17.jpg 20180217_18.jpg

本日の宿泊地 みづまの駅 です。




◎ 冬の朝日山とサガン鳥栖ベストアメニティスタジアムを訪ねて

☆ 02月18(日)    

朝起きると自分たちの車以外一台も泊まっていません。
道の駅ではないので情報がないのでしょうね。車も通りもほとんどなく静かな夜でした。

朝食を済ませ鳥栖駅へと出発です。

昨年も駐車した駅裏の駐車場へ。
歩道橋を渡って駅の受付へ。もう多くのウォーカーさんが並んでいました。
20180218_03.jpg 20180218_04.jpg

コース詳細とコースマップです。
20180218_01.jpg 20180218_02.jpg

鳥栖駅からしばらく歩くと九州新幹線の新鳥栖駅です。
20180218_05.jpg

ここからすぐ朝日山へと向かいます。
20180218_06.jpg 20180218_07.jpg

今日のウォーキングコースには入ってないのですが、
折角なので290段の階段を登って朝日山頂上を目指します。
20180218_08.jpg 20180218_09.jpg

150段目から下の方を。何人か登って来ています。
20180218_10.jpg

頂上の朝日山宮地嶽神社と眼下の新鳥栖駅です。
20180218_11.jpg 20180218_12.jpg

後は下って、サガン鳥栖のベストアメニティスタジアムへ向かいます。
20180218_14.jpg

スタジアム内です。
20180218_15.jpg

ここを見学してゴールの鳥栖駅SL前へ。途中 ”特急つばめ” が走っていました。
20180218_13.jpg 20180218_16.jpg

JR鳥栖駅東側に展示されている、市指定 重要文化財(歴史資料) ”268号機関車” です。
20180218_17.jpg

230形蒸気機関車は明治時代に製造された軸配置1B1のタンク式機関車です。イギリスから輸入されたタンク式機関車を日本の使用条件に適合するように一部改良して設計され、民間工場が国内で最初に量産化に成功した蒸気機関車です。
(HPより拝借)

帰りの途中の店でとんかつ定食を食して帰宅しました。
20180218_18.jpg

久し振りのJR九州ウォーキング。低山の階段登りがありいささか疲れました.

      (総距離  205.1㎞ の行程でした)







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓

にほんブログ村

FC2ブログ



いいづか雛のまつり

2018年02月12日 (月)

◎ 雛めぐり

☆ 02月11日(日)   

ちょっと寒かったのですが、
福岡県飯塚市で開催されている "いいづか雛のまつり” に行って来ました。
20180211_001.jpg


◎ 嘉穂劇場
20180211_02.jpg

嘉穂劇場入口です。
20180211_05.jpg

舞台に飾り付けた巨大おきあげ雛がありました。
20180211_11.jpg

雛のまえで記念撮影です。
20180211_10.jpg

その他のおひなたち。
20180211_06.jpg 20180211_07.jpg 20180211_08.jpg
20180211_09.jpg

劇場内に飾られているポスターの一部や、山口百恵さんのコンサートの入場券です。
20180211_12.jpg 20180211_13.jpg 20180211_14.jpg

「嘉穂劇場は」
江戸情緒あふれる歌舞伎様式の芝居小屋、嘉穂劇場は昭和6年(1931)開業、木造2階建て入母屋造り。間口15間(約27m)奥行23間(約42m)特徴的なトラス形式の小屋組みで出来ています。間口10間(約18m)の大きな梁を構成することで千二百人を収容する客席は、この地がかつて炭鉱で栄えていたからできたと云える贅沢な空間です。客席は畳敷きで桝席の左右には2本の花道と桟敷席、舞台には直径16メートルの廻り舞台や迫りなどを備え、大衆演劇の殿堂として多くのファンに愛され続けています。
(HPより拝借)


◎ 旧伊藤伝右衛門停
20180211_04.jpg

九州の炭鉱王「伊藤伝右衛門」が暮らした大邸宅。明治天皇の姪・歌人柳原白蓮が伝右衛門の妻として10年暮らした事でも有名です。20畳の本座敷には日本一の規模を誇る座敷雛を飾ります。
今年の座敷雛のテーマは「雛が見た日本のまつり」。1000点以上の人形とまつりの数々、北は青森のねぶたから九州の博多山笠まで日本のまつりを一堂に集め、雛の目から見た日本のまつりを展示します。
(HPより拝借)

座敷雛です。
20180211_19.jpg

20180211_20.jpg 20180211_31.jpg 20180211_30.jpg




その他の雛たち。
20180211_25.jpg 20180211_24.jpg 20180211_23.jpg
20180211_22.jpg 20180211_21.jpg

「旧伊藤伝右衛門邸について」
旧伊藤伝右衛門邸は、筑豊の炭鉱王と呼ばれた伊藤伝右衛門と歌人柳原白蓮が過ごした邸宅です。
アールヌーヴォー調のマントルピース、イギリス製のひし形のステンドグラスのある応接間、一畳たたみを敷き詰めた長い廊下等様々な芸術的技法を取り入れ、伊藤伝右衛門が妻白蓮の為にと改築を続けた歴史的建造物です。
(HPより拝借)

入口です。
20180211_26.jpg

庭園の様子。
20180211_28.jpg

20180211_29.jpg

※ 今回は一眼レフカメラを持って行ってなく、
コンデジでの撮影なので画像があまり良くなかった。・・・残念です(´;ω;`)ウゥゥ







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓

にほんブログ村

FC2ブログ



西鉄レール&ハイク (大宰府・竈門神社)

2018年02月04日 (日)

今年初めてのウォーキングです。
JR九州ウォーキングではなく、西日本鉄道が開催しているウォーキングに初めて参加してきました。

◎ 大宰府・竈門神社散策コース

☆ 02月03日(日)  / 

コース詳細とコースマップです。
20180203_01.jpg

大宰府天満宮駐車場に車を止めて、2㎞弱の距離がある西鉄五条駅まで歩きです。

五条駅で受付です。
20180203_02.jpg

9時から受付ですが、もう多くのウォーカーさんが並んでいました。

出発し、最初の立ち寄り先の石村萬盛堂さんへ。
20180203_03.jpg

福岡・博多で100年以上愛され続ける、ふくよかなマシュマロ生地の中に黄味あんの銘菓『鶴乃子』の製造工場です。

お土産に「鶴乃子」を5個ほどいただき、店内で「いちご大福」を買って食しました。
20180203_04.jpg 20180203_05.jpg

次は、秋にも訪れた竈門神社です
20180203_06.jpg

20180203_07.jpg

色がないので、昨年の紅葉の時期に訪れた時の写真を載せました。
20171123_01.jpg 20171123_09.jpg

ゴールは大宰府天満宮の奥の方の大宰府遊園地です。
20180203_08.jpg

ゴールでプレゼントをいただき天満宮へ。
すると人の多さにびっくりです。
20180203_11.jpg

節分祭の豆まきがあり丁度終わった後でした。残念です。

(※ これはHPより拝借の画像です)
20180203_09.jpg

しかし、鬼さんはまだいました。
20180203_10.jpg

小さい子供は怖がって泣いていました。

厄除け門をくぐり抜けて、
20180203_12.jpg

本殿に参拝です。
20180203_13.jpg

参拝を終え参道を歩いて駐車場まで。
20180203_14.jpg

ここも多くの人ですが、8割方中国、韓国の人ですかね。話している言葉が分かりません。
駐車場も何十台のも観光バスです。全てが読めない字の団体名でした。

お腹も空いたので、帰路途中の店で昼食です。
20180203_15.jpg 20180203_16.jpg 20180203_17.jpg

黒船停という店で担々麺を食しました。
店内には色紙や写真が飾っていて、かなり芸能人や知名人が寄ってるみたいでした。

後は道の駅によって帰宅です。
久し振りのウォーキングでしたが、いい運動になりました。







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓

にほんブログ村

FC2ブログ



プロフィール

gibun

Author:gibun
2015/12/19 開設
福岡県に住んでいる団塊世代です。第二の人生をコンパクトキャンピングカー『pico』でちょっとお出かけ、たまには車中泊、ウォーキング、日々の出来事等を綴りたいと思います。宜しくお願い致します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
リンク
ブログランキング
ランキングに参加中です。
RSSリンクの表示
検索フォーム