FC2ブログ

JR九州ウォーキング(博多)

2018年03月27日 (火)

JR九州ウォーキングの福岡県の博多のコースに参加しました。

◎ 博多旧市街と桜並木をめぐるウォーク

☆ 03月25(日)   

博多まで車で行くのは交通量が多いので、JRで一つ手前の吉塚駅に車を止めて行くことに。
20180325_03.jpg

ここから博多までJRで。
到着して受付に行くと多くの人が並んでいましたので早目の出発になりました。
20180325_302.jpg 20180325_303.jpg 20180325_304.jpg

コース詳細とコースマップです。
20180325_300.jpg 20180325_301.jpg

博多の街中を歩いたことが無いので、今日は楽しみなウォーキングです。

しばらく歩いて博多千年門へ。
20180325_06.jpg

博多千年門は、博多を訪れた観光客を歴史的文化財が多く残る寺社町エリアへと導くウエルカムゲートで、平成26年3月に完成したようです。

門をくぐった先の承天寺通り。
20180325_07_1.jpg 20180325_07.jpg

門をくぐった先にある「承天寺通り」は車道を小川に、歩道をその川岸の遊歩道に見立て、承天寺の仏殿と方丈を結ぶ石畳は石橋をイメージした造りが特徴だそうです。

最初は承天寺へ。
入口を入るとすぐ碑と説明板がありました。
20180325_09_2.jpg 20180325_09_3.jpg

(左が「饂飩(うどん)・蕎麦発祥之地の碑」で、右が「御饅頭所の碑」です。)
一番右の「満田弥三右衛門(みつたやざえもん)の碑」は見えませんが、三つの碑の説明板です。

中国の宋より帰国した円爾は、羊羹(ようかん)、饅頭、うどん・蕎麦などの製法とともに、製粉技術も日本に持ち帰りました。この製法・製粉技術により、日本の粉食文化が大きく発展。また謝国明が大晦日に貧しい人々に蕎麦を振る舞った事が、年越し蕎麦の始まりとも言われています。(HPより)

本堂である「方丈」です。中には入られませんので塀越しの撮影です。
20180325_09.jpg

本堂である「方丈」の前には庭園の「洗濤庭(せんとうてい)」。玄界灘を表現した白砂と中国大陸を表現した緑がある枯山水の庭園です。一般には未公開ですがイベント時などに中に入って見ることができます。中門が開いている時には、門外から眺めることは可能。博多千年煌夜ではライトアップ企画が開催され普段とは異なる綺羅びやかな彩りの空間を味わえます。(HPより)

中門からの本堂です。
20180325_08.jpg

次は東長寺です。門から入って行くとすぐ六角堂があります。
20180325_10.jpg 20180325_305.jpg

弘法大師:空海が建立した最古のお寺として知られる真言宗「東長寺」。こちらの寺院は、大同元年(806年)に唐から帰国した空海が、密教が東に長く伝わるよう祈願して建てられたもの。境内には織田信長が本能寺の居間にかけていたとされる弘法大師筆千字文など貴重な資料が保管され、大仏堂には日本最大(木造)の「福岡大仏」が鎮座するなど、見所満載となっています!
六角堂は1842年に博多で薬や油を扱っていた豊後屋栄蔵が財を募って寄進したものです。中には六体の仏像が安置されています。(HPより)

巨大な五重の塔もあります。
20180325_13.jpg

五階の屋根の上の伏鉢(鉢を伏せた形のもの)には空海が唐から持ってきたと言われるお釈迦様の骨が納められているのだとか。(HPより)

福岡大仏です。
写真撮影は禁止なのでHPより拝借しました。
20180325_13_1.jpg

東長寺の福岡大仏は木造坐像としては日本一の大きさです。高さ10.8メートル、重さ30トンです。高さ10.8メートルは煩悩の数108つを表現しているそうです。(HPより)

承天寺通りから別れて櫛田神社へ。
20180325_18.jpg

20180325_16.jpg 20180325_19.jpg 

櫛田神社は、福岡市の中心部に立っています。博多の夏のお祭りとして全国的に有名な博多祇園山笠(はかたぎおんやまかさ)や博多おくんちは、この櫛田神社を中心として行われており、まさに福岡市民の生活に密着した神社だと言えるでしょう。(HPより)

飾り山笠も飾っていました。
20180325_17.jpg

ここを出て博多の街並みを歩いて行きます。 
冷泉公園、水鏡天満宮を経由してゴール地点の、地下鉄大濠公園駅へと向かいます。
20180325_306.jpg 20180325_21.jpg 20180325_307.jpg

 舞鶴公園側を歩いてゴールです。
20180325_308.jpg 20180325_24.jpg 20180325_25_1.jpg

スタンプを押してもらって後はゆっくりと、舞鶴公園の桜を観ながら散策です。
20180325_26.jpg

舞鶴公園(まいづるこうえん)は、福岡県福岡市中央区にある福岡城の本丸址を中心とする公園。福岡市中心部大濠公園の東部に隣接する位置にあり、市民の憩いの場となっている。城址には約500本の桜が植えられており、毎年春には大勢の花見客で賑わう。(HPより)

桜は6~7分咲きかな?。日曜日なので多くの人が楽しんでいました。
出店でお好み焼きやたこ焼きを買って食しました。
20180325_27.jpg 20180325_28_1.jpg

舞鶴公園そばの大濠公園は来たことがありますが、福岡城跡には初めてなので行ってみることに。
20180325_33.jpg

福岡城は黒田孝高(官兵衛)・長政父子によって築いた城で、江戸時代を通じて福岡藩黒田氏の居城として知られています。城の規模としては九州一の巨城で、築城の名手と謳われる加藤清正もこの城を評価しています。現在、城跡の大半は舞鶴公園として、当時の外堀が大濠公園として整備されています。また、重要文化財に指定されている多聞櫓のほか、祈念櫓や名島門などの遺構が残っており、当時の様子をうかがうことができます。(HPより) 

24日から福岡城さくら祭りも開催されていました。しだれ桜と多聞櫓です。
20180325_34_1.jpg 20180325_35.jpg 20180325_36.jpg

天守台跡に登って行くことに。
20180325_309.jpg

ここからの桜です。遠くは博多のビル街です。
20180325_310.jpg

その他公園の桜です。
20180325_37_1.jpg 20180325_32.jpg 20180325_31.jpg
20180325_29.jpg 20180325_30.jpg

初めての博多の街歩きや福岡城跡、舞鶴公園の桜がタイミングよく見られて満足のいくウォーキングでした。







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓

にほんブログ村

FC2ブログ


JR九州ウォーキング(筑後草野)と(古賀)

2018年03月20日 (火)

17日と18日の2日間、
JR九州ウォーキングの福岡県の筑後草野と古賀のコースに参加しました。
今回は近場でもあり日帰りです。

◎ 満開のつばきウォーキング

☆ 03月17(土)   

このコースは出発駅に駐車場が無いので、道の駅 久留米に車を止めて
20180317_03.jpg 20180317_04.jpg

善導寺駅まで約2km歩いていきます。
20180317_07.jpg 20180317_06.jpg

JRで一つ先のスタート駅、筑後草野駅まで。
20180317_07.jpg

電車の中で、先日の西鉄ウォーク(柳川)でも一緒になった知人夫婦と偶然にも再会です。
私達と同じ行動をしているようでした。

受付を済ませスタートです。
コース詳細とコースマップです。
20180317_01.jpg 20180317_02.jpg

まずは久留米つばき園へ。
20180317_08.jpg

満開のつばきウォーキング・・・・ということで期待してたのですが(´;ω;`)ウッ…期待外れです。
早咲きの花は散っているし、まだ開花前の花が多く残念でした。
20180317_09.jpg 20180317_11.jpg 20180317_12.jpg

中々タイミングが合いませんね。仕方のないことですが。

それでもアップの写真を。
20180317_28.jpg 20180317_29.jpg 20180317_30.jpg

途中、古民家を開放していただいてたので寄ってみました。
20180317_13.jpg 20180317_14.jpg

推定樹齢300年の老木です。この木もまだ蕾でした。

もう一軒の古民家です。石製の水槽に浮かべたつばきの花です。
20180317_15.jpg 20180317_16.jpg 20180317_17.jpg

しばらく歩いて世界のつばき館へ。横の温室は見頃でした。
20180317_18.jpg

館内のつばきの花のお雛様です。
20180317_19.jpg

後は草野の町をブラブラしながら
20180317_24.jpg 20180317_25.jpg 20180317_26.jpg

ゴールの筑後草野駅へ。
20180317_27.jpg

電車の時間も丁度よかったので善導寺駅まで乗車、ここからまた2km程歩き道の駅に帰って来ました。
お腹も減ったので道の駅の食堂で食べ、いつものように道の駅へ立ち寄りながら帰宅です。




◎ 満喫!!黄金のじゅうたん「なの花まつり」と古賀市内ぶらり

☆ 03月18(日)  

今日は1時間半位の距離の古賀駅です。
古賀駅近くの駐車場に車を止めて駅へ。
20180318_03.jpg

受付を済ませスタート。
コース詳細とコースマップです。
20180318_01.jpg 20180318_02.jpg

出発時間前に受付にいったのですが誰も並んでいません。
並んでた人が多かったので出発を早めたそうです。

今日は、黄金のじゅうたんの「なの花」を見るのが一番の目的です。

まず須賀神社、谿雲寺にお参り。
20180318_04.jpg 20180318_05.jpg

次は250段の階段を登っていく熊野神社です。
20180318_09.jpg

写真右端中央から登って行きます。

この鳥居をくぐれば階段です。
20180318_10.jpg 20180318_07.jpg 20180318_08.jpg

必死に登っていくと本殿です。
20180318_11.jpg

20180318_15.jpg

後は本日のメインのなの花まつり会場へと歩きます。
20180318_12.jpg

20180318_13.jpg 20180318_14.jpg

畑の中に張子の牛が。
20180318_16.jpg

もう2枚ほど。
20180318_18.jpg 20180318_17.jpg

会場の出店で蕎麦や焼き鳥を食し、しばらく休憩です。

あとはゴールへと向かいます。
途中、古民家が解放されていたので立ち寄りました。
20180318_20.jpg 20180318_21.jpg

家内に飾ってたお雛様と、土間では喫茶店を営業していました。
20180318_23.jpg 20180318_22.jpg

今日はゴールが早かったので、食材やお花を仕入れに道の駅 むなかたへ行き帰宅。
帰宅後、明日から2~3日天気が悪くなるのとお彼岸入りでもあり、早目にお墓参りに行って来ました。







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓

にほんブログ村

FC2ブログ


JR九州ウォーキング(鹿児島)と、鹿児島車中泊の旅

2018年03月09日 (金)

車中泊を兼ねて、JR九州ウォーキング(鹿児島) に参加です。

小国に3日程滞在し、
ここから3月2日に出発し鹿児島に前泊、終了後に鹿児島車中泊の旅です。

◎ JR九州ウォーキング(鹿児島)へ出発

☆ 03月02日(金)     

3日のウォーキング大会に参加の為、前日の朝から出発し車中泊します。

鹿児島県川内市のグリーランド市比野ふれあい館で入浴をし、
20180302_01.jpg

すぐ近くの道の駅 樋脇でお泊りです。
20180302_02.jpg

ここは足湯もあり、温泉も流れているので汲みに来る人が多くいました。
20180302_03.jpg 20180302_05.jpg 20180302_06.jpg

道路から離れた裏側駐車場に駐車しました。


本日の宿泊地 道の駅 樋脇 です。
立寄り湯は グリーンランド市比野ふれあい館 です。
 
27日から
( 走行距離 475.8㎞  給油 ?ℓ )



☆ 03月03日(土)  

「西郷(せご)どんゆかりの地を巡るウォーキング」

鹿児島中央駅駐車場に車を止めて駅の受付へ。
20180303_03.jpg


コース詳細とコースマップです。
20180303_01.jpg 20180303_02.jpg 

西郷屋敷跡
20180303_04.jpg

武屋敷は、西郷が朝鮮への使節派遣の考えに反対されて明治6年(1873年)鹿児島に帰ってから、明治10年(1877年)西南戦争が起こるまでの4年間を暮したところだそうです。

20180303_05.jpg

西郷隆盛(南洲)と菅実秀(臥牛)が対話しているこの座像は、ここ西郷屋敷において両翁が親睦を深め「徳の交わり」を誓い合ったことを記念して製作したそうです。

歴史と文化の道を歩き、ザビエル公園まで来ました。
20180303_06.jpg 20180303_07.jpg

しばらく歩き、城山近くの西郷隆盛銅像です。
20180303_08.jpg

没後50年を記念して昭和2年(1927)に建立が計画され、渋谷の忠犬ハチ公を制作した鹿児島市出身の彫刻家・安藤照が制作し、昭和12年(1937)に除幕された。台座を含めると約8mにもなる迫力の大きさだそうです。

銅像の先は鶴丸城跡です。
20180303_10.jpg 20180303_09.jpg

長い石垣が続いています。
20180303_13.jpg

御桜門の石垣には、西南戦争時の弾痕の跡がありました。
20180303_11.jpg 20180303_12.jpg

すぐ前には路面電車が通っています。
20180303_14.jpg

次は桜島フェリー、ドルフィンポートを通り、西郷どんの大河ドラマ館です。
20180303_16.jpg 20180303_15.jpg

途中で桜島を、と思ったのですが雨ではっきりしませんでした。

ドラマ館では大河ドラマのセットの模型や衣装が飾っていました。
20180303_17.jpg 20180303_18.jpg 20180303_19.jpg

ここを出て後は維新ふるさと館です。

川沿いにこのようなものが。
写真を撮ってゴールの受付で提示すると記念品がもらえるのでパチリ。
20180303_20.jpg

後は維新ふるさとの道を通って、維新ふるさと館へ。

メインの「維新体感ホール」では、2本のドラマ「維新への道」と「薩摩スチューデント、西へ」が上演されていましたが、「維新への道」は見逃しました。
20180303_21.jpg

館内では衣装を着て写真を撮れるスポットがありました。
20180303_22.jpg

後は鹿児島中央駅のゴールまでです。
20180303_23.jpg

ウォーキング早々から雨でしたが市内観光が出来満足です。

昼過ぎの中途半端な時間なので昼食はとらず、
昨日と同じ風呂と道の駅で車中泊です。

今日は3日でひな祭りなのでちらし寿司を食す。
20180303_24.jpg


本日の宿泊地 道の駅 樋脇 です。
立寄り湯は グリーンランド市比野ふれあい館 です。
 
( 走行距離 77.2㎞  給油 0.0ℓ )



☆ 03月04(日)  

昨日は道路側で寝てみました。
20180304_01.jpg

車の音も気にならず快適でした。

今日3日は、鹿児島マラソンです。
市内方面は交通規制があるのでスルーです。
昨日まで雨だったのですが今日は快晴です。マラソンにはちょっと暑いかもしれません。

まだ行ったことのない、番所鼻自然公園とJR西大山駅に行くことに。

番所鼻自然公園は、
薩摩藩の番所があったことから名づけられた番所鼻自然公園は、
日本地図作成のために立ち寄った伊能忠敬が「天下の絶景なり」と賞賛した景勝地です。
開聞岳が一望できる展望スペースや、「幸せの鐘」があります。(HPより)

番所鼻自然公園のタツノオトシゴハウスです。
20180304_02.jpg 20180304_03.jpg

二階に上がり水槽のタツノオトシゴを。
20180304_04.jpg 20180304_05.jpg

岩場から望む開聞岳です。
20180304_06.jpg

20180304_20.jpg

JR西大山駅へ。
JR日本最南端の駅として知られる西大山駅は、正面に開聞岳を望む素晴らしい景観が自慢です。
20180304_21.jpg 20180304_07.jpg

20180304_09.jpg

駅前に立つポストは、指宿を代表する花・菜の花の黄色で、幸せを運ぶポストとして人気沸騰中です。
(HPより)

次に進もうと思った時、運よく列車が到着しました。
観光バスも駅前広場に到着です。

列車から多くの人達が下車です。観光コースになっているのでしょうね。
皆バスへ向かっています。

お客さんも下車し列車の出発です。
20180304_10.jpg

次は温泉ですがちょっとまだ早いので池田湖へ。

菜の花と開聞岳や、菜の花とイッシ―です。
20180304_11.jpg 20180304_12.jpg

いい時間になったので温泉へ。

ヘルシーランド 露天風呂「たまて箱温泉」
20180304_13.jpg

ヘルシーランド内の日帰り入浴施設。南九州一の景色と評判の広い露天風呂が自慢。このあたりは砂むし温泉が有名だが、やはり眺めのいい露天風呂は気持ちよい。和風と洋風の大きな露天風呂は、奇数偶数日の男女入替え制。露天風呂からは開聞岳や長崎鼻、東シナ海をはさんで対岸の大隅半島などが見渡せる。天気がよければ屋久島も遠望できるとか。(HPより)

カメラ持ち込み禁止となってるので、
露天風呂の写真は撮れないのでネット写真を拝借。
20180304_18.jpg 20180304_16.jpg 20180304_17.jpg

こんなに広い露天風呂は初めてです。一度は入りたいと思ってた温泉です。

室内の洗い場で体を洗ってた時、横をボビーオロゴン、続いて出川哲朗さんが通って行きました。
なんと、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」のロケがあっていました。
人伝えで今から長崎鼻へ行くといってたそうです。

温泉の前での写真がネットに出ていましたので拝借です。
20180304_22.jpg

広々とした温泉でゆっくりとしました。

後は今日の泊まり場所探しです。
最初に、道の駅 川辺やすらぎの郷へ行くが、ちょっと寂しいから移動。
次は道の駅 喜入。
ここは温泉併設なのですが、道の駅の駐車場は遠く離れてここも寂しく、トイレも汚く移動。
最後に落ち着いたのが道の駅 いぶすきです。他のキャンカーもいたのでここに決定です。


本日の宿泊地 道の駅 いぶすき です。
立寄り湯は ヘルシーランド 露天風呂「たまて箱温泉」 です。
 
( 走行距離 228.5㎞  給油 33.0ℓ )



☆ 03月05日(月)    

朝の道の駅。昨晩激しい雨が降りました。
20180304_19.jpg

今日は、九州にはここしかいないコアラを見に、平川動物公園へ。
20180305_01.jpg

平川動物園にコアラがやってきたのは、昭和50年に市民レベルで「コアラを鹿児島に連れてくる会」の活動が発足し、それが59年に実現したことがはじまりです。59年には雄が2頭、翌年には雌が4頭来園し、その後も繁殖活動に力を入れています。動物園の入り口にはコアラのモニュメントが建っていて、動物園のシンボル的な存在になっています。(HPより)

コアラ館にいったのですが全然動きません。
20180305_03.jpg

20180305_02.jpg

コアラはユーカリの葉を食べて生活しますが、ユーカリの葉の栄養素はごくわずか。摂取できるエネルギーが少ないため、なるべくエネルギーを消費しないように寝る時間が長くなったそうです。

仕方ないので飾ってた写真を。
20180305_07.jpg 20180305_08.jpg 20180305_09.jpg

後は園内を一周し、次の目的地の「西郷どん」の撮影もした仙巌園へ行くことに。 
20180305_10.jpg

庭園からの御殿。
20180305_11.jpg

万治元年(1658)に19代島津光久によって築かれた島津家の別邸です。28代島津斉彬もこよなく愛し、篤姫など多くの人を魅了しました。桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景観を楽しむことができます。およそ1万5千坪の広大な庭園には、四季折々の花々が咲き誇り、島津家の歴史を伝える史跡が数多く残されています。(HPより)

御殿の中です。
20180305_12.jpg 20180305_13.jpg 20180305_14.jpg

庭園内の様子。
20180305_15.jpg 20180305_16.jpg

ここで昼食を。
私は黒豚とんかつ定食で、妻は黒豚しゃぶしゃぶです。
20180305_17.jpg 20180305_18.jpg

その後、園内や尚古集成館などを見学。
時間も押してきたので宿泊地の道の駅 たるみずへ。併設の温泉で入浴です。
20180305_24.jpg 20180305_23.jpg


本日の宿泊地 道の駅 たるみず です。
立寄り湯は 湯っ足り館 です。
 
( 走行距離 104.5㎞  給油 0.0ℓ )




☆ 03月06日(火)    

静かな夜でした。
温泉は昨晩抜いているので空ですが、海沿いに長い足湯があります。
後方には桜島が望めるのですが、今日は曇っていて残念です。
20180306_01.jpg 20180306_02.jpg

天候が良いときの写真です(HPより拝借)。
20180306_03.jpg

今日からはあてもなく、途中で一泊の予定で自宅に向かって移動です。
取りあえず霧島神宮へ行くことにしましたが、近づくにつれて火山灰を被った車とすれ違います。
鹿児島と長崎にまたがる新燃岳の噴火の降灰です。
昨日は雨が降ってたので雨交じりの降灰でべっとりです。
観光バスのフロントガラスもワイパーを動かしたところだけしか見えないくらいです。ナンバーも分かりません。
霧島温泉で一泊した観光客を乗せたバスでしょうね。

霧島神宮に到着です。
20180306_04.jpg 20180306_05.jpg

道路は降灰で灰色です。

本殿です。
20180306_06.jpg

お参りしている途中でも雷が鳴っているような音がちょくちょくです。新燃岳の爆発音です。

お参り後移動途中で写した火山の噴煙です。
20180306_07.jpg

昼になったので宮崎県小林市の、道の駅 ゆ~ぱるのじりで昼食。
昼食後、道の駅の上の公園へ上ってみました。ここからも新燃岳の噴煙が見れました。
20180306_08.jpg 20180306_09.jpg

その間に道の駅の前にコインランドリーがあったので、たまっていた汚物の洗濯を済ませました。

しばらく車を走らせて道の駅 日向へ。ここで二回目の車中泊です。
20180306_10.jpg
 
温泉もすぐ下にあるので便利です。


本日の宿泊地 道の駅 日向 です。
立寄り湯は 日向サンパーク温泉 です。
 
( 走行距離 172.3㎞  給油 28.0ℓ )




☆ 03月07日(水)  

さて、今日は自宅までの走りです。
途中立ち寄った道の駅に「ととろのバス停」の観光パンフレットがあったので行ってみることに。

小さなバス停がありました。
20180307_01.jpg 20180307_02.jpg

猫バスの張子がありました。
20180307_04.jpg 20180307_03.jpg

宇目南田原の轟地区にある「ととろのバス停」は、今から約40年前、この地区の方々の手で作られた手作りのバス停です。この場所がアニメ「となりのトトロ」の雰囲気に似ていることから口コミやマスコミ等で紹介され、この地を訪れる人々も次第に増えていきました。アニメの中に登場する「猫バス」の看板も突如出現し、豊かな自然とのどかな田舎の昔ながらの雰囲気が訪れる人々のこころを温めてくれる場所です。(HPより)

後はいつもの通り、道の駅等で野菜を仕入れ帰宅です。


( 走行距離 254.8㎞  給油 0.0ℓ )
      (総距離 約 1,313.4㎞ の行程でした)






ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓

にほんブログ村

FC2ブログ



プロフィール

gibun

Author:gibun
2015/12/19 開設
福岡県に住んでいる団塊世代です。第二の人生をコンパクトキャンピングカー『pico』でちょっとお出かけ、たまには車中泊、ウォーキング、日々の出来事等を綴りたいと思います。宜しくお願い致します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブログランキング
ランキングに参加中です。
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-