FC2ブログ

ちょこっと旅

2021年02月18 (木)

孫のアンサンブルコンテストも終わり折角なのでちょこっと旅をすることに。

☆ 02月14日 (日)   

朝の道の駅。大きなカブトムシのモニュメントが。
20210214-02.jpg 20210214-04.jpg 20210214-01.jpg

さて桜島へと出発。
道の駅 たるみずはまびらで休憩。
20210214-05.jpg

残念ながら桜島は雲がかかってる。
ここの公園の水道でタンクに給水補充し桜島へ。

反時計回りで回ることに。
まず黒神埋没鳥居。
20210214-08.jpg

大正噴火後たった1日のうちに軽石や火山灰に埋め尽くされ、 もともと高さ3mあったという鳥居ですが、今は笠木部分の約1mを地上に見せるのみです。
20210214-09.jpg

噴火により埋没した門柱。
20210214-11.jpg 20210214-12.jpg
 
桜島港港近くの湯之平展望所へ。
20210214-15.jpg

20210214-17.jpg 20210214-16.jpg

湯之平展望所は標高373mで、眼下に鹿児島市の街並みが。

道の駅 桜島で昼食タイムで黒豚ラーメンを食す。
20210214-18.jpg

売店には桜島大根が。
20210214-19.jpg 20210214-20.jpg

桜島フェリーに乗らず一周することに。
次に向かったのが、南岳の麓、有村地区の大正溶岩原に作られた有村溶岩展望所へ。
20210214-21.jpg

20210214-27.jpg

20210214-28.jpg

全長約1kmの遊歩道から見る山は、雲がかかってるが横長の桜島とは違った円錐型。

20210214-23.jpg 20210214-24.jpg 20210214-26.jpg

桜島を後に長~い足湯のある道の駅 たるみず で休憩し、
20210214-30.jpg

立ち寄り湯に寄り、今日の宿泊地 道の駅 樋脇 の裏の駐車場へ。

有村溶岩展望所では少しお日様も顔を覗かせたのだが、
道の駅に着いた頃から雨が振り出し、一時雷が鳴ったり激しい雨だった。


本日の宿泊地 道の駅 樋脇 
立寄り湯は グリーンランド市比野 ふれあい館

( 走行距離 171.0 ㎞  給油 43 ℓ )



☆ 02月15日 (月) 時々

朝の道の駅。
20210214-31.jpg

ここに泊まるのも3回目かな。

今日は昨晩にネットで諫早のホテルを予約したので移動のみ。
天気もいまいち。強い風も。

最初は熊本港~島原港のフェリーに乗る予定で熊本港へ行ったのはいいが強風の為欠航。
ちょっと先の長洲港かの有明フェリーは運航してるとのことで長洲港へと急ぐ。
20210215-01.jpg 20210215-02.jpg

待ち時間もあまりなく、タイミングよく乗船でき助かりました。
長洲港~多比良港まで45分程の船旅で~す。

多比良港からホテルまでは10分程で到着。
20210215-03.jpg

部屋の様子。
20210215-04.jpg 20210215-05.jpg

露天風呂付で~す。テラスの向こうは有明海。
20210215-06.jpg 20210215-08.jpg

料理の品数はすくなかったが、飲み放題付で~す。
20210215-09.jpg 20210215-10.jpg 20210215-11.jpg

20210215-12.jpg 20210215-13.jpg 20210215-14.jpg

20210215-15.jpg 20210215-16.jpg 20210215-17.jpg

美味しく頂き、露天風呂にも何回も。
今回の旅も最後というこで、ちょっとどころか贅沢をし過ぎのようなホテル宿泊だった。


本日の宿泊地 島原温泉 南風桜 
立寄り湯は  
 
( 走行距離 207.4 ㎞  給油  ℓ )



☆ 02月16日 (火) 

ホテルをチェックアウト後、島原城へ。
20210216-10.jpg

島原城の説明版。
20210216-01.jpg

梅と城を何枚か。
20210216-09.jpg 20210216-07.jpg 20210216-06.jpg

島原城の別名は「森岳城」や「高来城」。城跡は長崎県指定史跡に指定されているようだ。

城内には古野梅園があったがまだ七分咲きとのこと。
20210216-02.jpg 20210216-04.jpg 20210216-05.jpg
 
写真真ん中に見える山が普賢岳。
20210216-03.jpg

これで今回のちょこっと旅は終わり、下道を通りゆっくりと帰宅。

出かける前の天気予報が大いに外れ、最後の日だけが晴天で天候に恵まれなかったが、
コロナ禍の中で悪い気もしつつ、感染対策を十分しての旅だった。


( 走行距離 208.4 ㎞  給油  ℓ )
( 総走行距離 1,189.8 ㎞ )







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

FC2ブログ


アンサンブルコンテスト

2021年02月18 (木)

中学3年の孫娘が宮崎県で開催される、吹奏楽部のアンサンブルコンテストの九州大会に出場するので、車中泊を兼ねて前々日から出発。

☆ 02月11日 (木)   

先日のテレビで放映された、大分県佐賀関のあまべの郷 「関あじ関さば館」 へ行くのが目的で前々日から出発。
20210211-01.jpg 20210211-02.jpg 20210211-03.jpg

豊後水道を一望できるレストランで、関さば・関あじ御膳を註文。
20210211-04.jpg

美味しく頂きました。
今日の目的を終え、ここから一番近い温泉併設の道の駅 やよい へ。

併設の温泉でまったりと。昼ご飯が贅沢だったので晩御飯は少し。
20210211-06.jpg 20210211-05.jpg

温泉の受付で、車中泊をする事を告げ奥の方の駐車場へ。


本日の宿泊地 道の駅 やよい 
立寄り湯は やよいの湯

( 走行距離 191.6 ㎞  給油  ℓ )



☆ 02月12日 (金) 

今日はアンサンブルコンテストがある宮崎まで移動。
途中、高千穂峡によることに。
20210212-01.jpg 20210212-02.jpg 20210212-16.jpg
 
先ずは遊歩道を散策。
20210212-08.jpg 20210212-10.jpg 20210212-12.jpg
↓ 下がそれぞれの写真。    ↓              ↓
20210212-09.jpg 20210212-29.jpg 20210212-13.jpg

20210212-14.jpg 20210212-16.jpg
↓ 下がそれぞれの写真。    ↓              
20210212-15.jpg 20210212-18.jpg

高千穂三橋。
20210212-30.jpg

趣の違うアーチ橋が一望でき、 一つの峡谷の一か所に三本ものアーチ橋を見ることができるのは全国でもここだけだと言われているようです。

真名井の滝。
20210212-07.jpg

20210212-05.jpg

日本の滝百選に指定されている名瀑で、約17mの高さから水面に落ちる様は高千穂峡を象徴する風景です。 天孫降臨の際、この地に水がなかったので、 天村雲命(アメノムラクモノミコト)が水種を移した「天真名井」から湧き出る水が水源の滝と伝えられています。(HPより)

ここを後に直ぐそばの高千穂神社へ。
20210212-19.jpg 20210212-20.jpg 20210212-21.jpg

20210212-23.jpg

1900年前の創建と伝わる「高千穂神社」。農産業、厄払い、縁結びに御利益があるとか。

夫婦杉。
20210212-24.jpg 20210212-25.jpg

2本の杉の巨木が根元でつながっています。
この杉の周りを夫婦、恋人、友達と手をつないで3回まわると、縁結び、家内安全、子孫繁栄の願いがかなうとか。

明日は宮崎市内で開催されるので、宮崎での定宿 道の駅 ゆ~ぱるのじりへ。
20210212-28.jpg


今日の宿泊地 道の駅 ゆ~ぱるのじり 
立寄り湯は ゆ~ぱるのじり 
 
( 走行距離 281.9 ㎞  給油 41 ℓ )



☆ 02月13日 (土) 

朝早く出発。
アンサンブルコンテスト会場の、メディキット県民文化センターへ。
まだ早いので駐車場で時間つぶし、いい時間になって会場へ。
20210213-01.jpg

演奏中は写真等撮影禁止なので始まる前にパチリ。

孫たちの演奏が終わり、子供や孫たちは買い物をして直ぐ北九州に帰るとのことでここでお別れ。
後で結果をネットで検索してみると、銀賞だったがよく頑張りました。

私達はちょこっと旅 (鹿児島の桜島) へと出発。
とりあえず今日の寝床は、温泉併設の 道の駅 くにの松原おおさきに。


本日の宿泊地 道の駅 くにの松原おおさき 
立寄り湯は あすぱる大崎 
 
( 走行距離 128.9 ㎞  給油  ℓ )


続きは後ほど!!!







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

FC2ブログ


ちょっと糸島へ

2021年02月09 (火)

☆ 02月07日 (日)   
家に籠ってるのも退屈なので、気分転換でコロナ対策は万全にし糸島方面にドライブに。

糸島は何度も訪れているので、今回は ”活魚茶屋 ざうお” での食事と、
初めての場所 ”二丈渓谷加茂ゆらりんこ橋” へ行くのが目的。

下道(福岡市内は都市高速で)を通り、先ず、 ”活魚茶屋 ざうお” 糸島本店で昼食タイム。
20210207-03.jpg 20210207-02.jpg 20210207-04.jpg

奮発して贅沢に、海鮮丼と天ぷらを食す。
20210207-01.jpg

量が多く満腹で~す。満足満足。
お客さんも次から次へ来店の様子。

数年前にも訪れたことがあり、
その時は店の前の広場に駐車したのが、この広場が有料駐車場になってました。
勿論食事をすれば2時間無料だが。

次へと出発。
二丈渓谷加茂ゆらりんこ橋へ向かったのだが、道を間違ってとりあえず ”福ふくの里” へ。
20210207-05.jpg 20210207-06.jpg

新鮮な魚介類や野菜、自家製の食品等がお手頃なお値段で購入できる直売所です。
店の前には菜の花畑が。

ここからすぐのところに加茂ゆらりんこ橋が。
20210207-10.jpg

20210207-11.jpg

加茂川の上流にかかる全長100m、高さ20m、巾1.2mのつり橋。二丈渓谷遊歩道に続いています。
1本のワイヤーで吊られた橋としては世界有数の長さを誇り、二丈渓谷の渓流、美しい玄界灘、田園風景が一望できます。(HPより)

この周りの菜の花畑から。
20210207-22.jpg

20210207-21.jpg 20210207-23.jpg 20210207-24.jpg
 
20210207-25.jpg

菜の花畑の周りには桜の木があるので開花した時は、ピンクと黄色のコントラストで綺麗だろうな。😢

後は、JA糸島産直市場の伊都菜彩へ寄って帰宅の途へ。







ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

FC2ブログ


プロフィール

gibun

Author:gibun
2015/12/19 開設

福岡県に住んでいる団塊世代です。
第二の人生を、キャンピングカーピコからハイエースに乗り換え、
ちょっとお出かけ、たまには車中泊。
その他、日々の出来事を日記代わりに綴っていきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
リンク
ブログランキング
ランキングに参加中です。 にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
RSSリンクの表示
検索フォーム