fc2ブログ

記事一覧

車中泊の旅 「四国」(5)

[ 7日目] 
☆ 2022年 05月15日 (日) 天気 晴

道の駅の朝。
20220515-01.jpg

後ろの方にはこれから行く日和佐城が。

先ず、、ウミガメの産卵地で有名な大浜海岸へ。
20220515-02.jpg 20220515-05.jpg 20220515-06.jpg

1967年には「大浜海岸のウミガメおよび産卵地」として国指定の天然記念物にもなったそうです。夕日や写真撮影のスポットとしても観光客の人気を集めているようです。

次は、道の駅からも見えた日和佐城。
残念ながら修理中で上には上がられず。眺めるだけ。
20220515-08.jpg 20220515-09.jpg

数年前一度来たことがあるが、その時は野生の猿のお出迎えでびっくりしたのだが、今回は何事もなく。

しかし日和佐城は、当時の遺構はほとんど残ってなく、模擬石垣がや展望台として模擬天守が建てられ残念ながら歴史的な由来はないようです。

ここを後に、ここも道の駅から見えた第23番札所薬王寺へ。本尊は薬師如来で厄除けの寺とされてるようです。

仁王門。
20220515-10.jpg
 
左右には仁王像が。
20220515-11.jpg 20220515-12.jpg

仁王門を入ったところに女厄坂・男厄坂・還暦厄坂という3つの厄坂があります。

写真左から、最初の女厄坂は33段、次の男厄坂は42段、そして瑜祇塔へ続く還暦厄坂は61段あります。
20220515-13.jpg 20220515-14.jpg 20220515-14-1.jpg

先ずは本堂へ。
20220515-15-1.jpg

本堂は何度も火災に遭い、現在あるのは1908(明治41)年に再建されたものです。本堂には本尊の薬師如来が二体安置されているそうです。

瑜祇塔を。
20220515-19.jpg

薬王寺のシンボルともいえる建物で、高さが29mあり、白と朱色の印象的な外観の塔です。内部に本尊の金色五智如来を祀っているそうです。

大師堂や地蔵堂、魚籃観音も。
20220515-20.jpg 20220515-21.jpg 20220515-22-1.jpg

蒲生田岬へ行ってみることに。
20220515-32.jpg 20220515-33.jpg 20220515-31.jpg

蒲生田岬は、瀬戸内海 紀伊水道に突き出た形の四国最東端の岬で、誰もいなく寂しい所でした。

早々に次へ、阿波踊り会館へ向かいます、
ここから眉山へロープウェイで。
20220515-36.jpg 20220515-38.jpg 20220515-37.jpg

眉山は、徳島市のシンボル的存在として親しまれているようですが、
ここもちょっと寂しい場所だったので鳴門公園に向かいます。

渦の道へ。
20220515-40.jpg 20220515-41.jpg

渦見学観光船も出てたが、
20220515-45.jpg

残念ながら、渦の発生可能時間までしばらくあったので見れなかった。
なのでモニターで放映してたのをパチリしたのでそれで満足しよう。
20220515-49.jpg 20220515-50.jpg 20220515-52.jpg

今日は、予定もいろいろ変えたので距離が伸びたようですな。
見どころもあまりなかったかな。



(宿泊地  道の駅 香南楽湯 ) (立寄湯 香南楽湯) 
(走行距離 191.5 ㎞)(累計距離  ㎞)(給油    ℓ )





最後まで読んでいただいてありがとうございます。_(._.)_
ブログランキングに参加していますので、
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓

FC2ブログ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gibun

Author:gibun
2015/12/19 開設

福岡県に住んでいる団塊世代です。
第二の人生を、キャンピングカーピコからハイエースに乗り換え、
ちょっとお出かけ、たまには車中泊。
その他、日々の出来事を日記代わりに綴っていきます。

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログランキング

               ブログランキングに参加してます。クリックしていただければ嬉しいです。