fc2ブログ

記事一覧

2022年 秋旅 ③

[ 4日目] 
☆ 2022年10月14日 (金) 天気 はれ

道の駅の朝。
20221014-01.jpg 20221014-02.jpg 20221014-03.jpg

すぐ前は海岸だが波の音も気にならずよく寝れました。

今日も天気が良さそう。先ず、千畳敷へ向かいます。

太平洋の青い海を背景に広がる大きな白い岩盤。長い年月をかけて打ち寄せる荒波に浸食され岩だたみのような千畳敷。
20221014-05.jpg 20221014-06.jpg

20221014-08.jpg

20221014-07.jpg

20221014-14.jpg

20221014-09.jpg 20221014-10.jpg 20221014-11.jpg

20221014-15.jpg 20221014-12.jpg

岩に鋭利な物で削った落書きがあちらこちらに。残念ですね。

次に直ぐ近くの三段壁へ。
20221014-20.jpg 

20221014-20-1.jpg

エレベーターで降りて三段壁洞窟へ。
十像岩という、10種類の形に見える岩が見えます。
20221014-21.jpg 

20221014-22.jpg

よく分からないが、この岩に10の像の名前がついてるみたいです。

少し進むと、牟婁大辯才天が。
20221014-29.jpg

大黒天と毘沙門天に十六童子を従えており、どのような願いも叶えると言われているそうです。
20221014-28.jpg

熊野水軍の番所小屋も。
20221014-29.jpg 20221014-30.jpg 20221014-31.jpg

奥に行くと潮吹き岩が。(黄色の〇印が潮吹き)
20221014-34.jpg 20221014-36-1.jpg

波があまりなかったので僅かな潮吹きですが。
20221014-35-1.jpg

巨石「サドンロック」も。
20221014-23.jpg 20221014-26.jpg

20221014-24.jpg

三段壁の断崖絶壁の上にある巨大な岩石は平成30年9月の台風21号が通過後、突如、現れたと言われています。
岩石の大きさは、長さ4.2メートル、高さ1.2メートル、幅1メートルもあるそうです。

次は潮岬灯台へ。
20221014-40.jpg 20221014-41.jpg

20221014-44.jpg

明治6年の初点灯以来、100余年もの間、海上交通の要所として沖行く船を照らし続ける30mの断崖に建つ白亜の灯台で、本州最南端のシンボル。

20221014-42.jpg 20221014-46.jpg

68段の石造りのらせん階段を上り台上に出れば、眼下には太平洋の大海原が広がります。

昼時だったのでトルコ記念館へ行く前に、民家で営業してるような蕎麦屋さんへ。
20221014-50.jpg 20221014-51.jpg

ざるそばとイノブタ丼を食す。

トルコ記念館へ。
20221014-56.jpg 20221014-55.jpg

1890年に大島樫野崎沖合いで起きたトルコ軍艦、エルトゥールル号の遭難沈没事故以来、串本町は犠牲者の慰霊を通じてトルコ国との友好関係を築いています。記念館にはエルトゥールル号の模型や遺品、写真が展示され、当時の様子を解説。近くにはトルコ軍艦遭難慰霊碑が建てられ、5年毎に追悼祭が行われています。(HPより)

20221014-57.jpg 20221014-58.jpg 20221014-60.jpg

覗き窓から、合成されたエルトゥールル号の様子が。
20221014-63.jpg

実際の場所です。
20221014-59.jpg

ちょっと先の樫野埼灯台へ行ってみました。
20221014-70.jpg 20221014-71.jpg

20221014-72.jpg

紀伊大島の樫野の断崖に立つ樫野崎灯台は、日本最古の石造りの灯台で今も現役中の灯台です。

明治23年9月16日の台風の夜に起こったエルトゥールル号遭難事故では、断崖を這い登ってきた生存者が灯台守に助けを求めたというそうです。

今日の最後は、本州最南端の道の駅くしもと橋杭岩。
20221014-80.jpg 20221014-81.jpg

目の前には、国の天然記念物である橋杭岩が海中に約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。
20221014-83.jpg

20221014-85.jpg

20221014-86.jpg

20221014-99.jpg 20221014-98.jpg 20221014-95.jpg

引き潮だったので岩の近くまで行ってる人がいます。
20221014-96.jpg 20221014-94.jpg 20221014-87.jpg

駐車場から。
20221014-92.jpg

20221014-93.jpg

串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるこの奇岩には、その昔、弘法大師と天の邪鬼が賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっています。吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されています。(HPより)

後は、道の駅なちの併設の丹敷の湯に浸かり、
明日行く大門坂駐車場で泊まろうかと行ってみたが誰もいなく、
寂しいので道の駅なちにお世話になることに。



(宿泊地 道の駅なち) (立寄湯 丹敷の湯) 
(走行距離 161㎞)(給油 ℓ)





最後まで読んでいただいてありがとうございます。_(._.)_
ブログランキングに参加していますので、
クリックしていただけると励みになります。
↓  ↓   ↓

FC2ブログ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

気まぐれおやじ

Author:気まぐれおやじ
2015/12/19 開設

気まぐれに、ちょっとお出かけしたりたまには車中泊の旅。
その他、日々の出来事を日記代わりに綴っていきます。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。クリックしていただければ嬉しいです。